blue bleu

マンガやアニメに偏った日記。ネタバレにご注意。
<< となりの怪物くん | TOP | Birth >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
劇場版 マクロスF 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜
シェリル・ノーム starring May’n&ランカ・リー=中島愛 produced by 菅野よう子
(2011-03-09)

いくつものトライアングルによって組み上げられた、生の物語。
JUGEMテーマ:マクロスFRONTIER


 圧巻のボリュームを誇る冒頭のシェリルライブによってあっという間に引き込まれました。前編である『イツワリノウタヒメ』でもライブに圧倒されましたが今回のはすべてのライブが上を行ってますよ。

 内容はテレビ版のストーリーを再構成してあり、劇場版用に一直線なストーリー展開となっていました。アルトは主人公らしくなっていて、かっこよかったです。
レオンやルカ、艦長などテレビ版よりも活躍したキャラも多く、このキャラはこういった見せ方をされるべきだったのだと納得しました。グレイスには母性すら感じましたね。また簡単にだれが敵であると言い切ることもできないほどに入れ替わりが激しく、先が見えない緊張感がありました。

 そして全編に仕組まれたトライアングルの構図。どっちもがあって、もうひとつのものが引き立つのだと思わされました。本物と偽物の対立もわかりやすく提示されていて、伏線なども拾いまくりです。全編通して、テレビ版よりも構成が練られていてよりわかりやすく見やすくなっていると感じました。これから見る人はぜひ『イツワリノウタヒメ』を見返してから臨むことをおすすめいたします。そのほうがより楽しめると思うので。マクロスF、すごく楽しかったです!
アニメ感想 | 22:49 | author 日和 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 22:49 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hiyori302.jugem.cc/trackback/1239
トラックバック
2011/03/03 9:44 AM
情報商材 レビュー 暴露 本物 評価 とことん 言っちゃうサイト
情報商材 レビュー 暴露ここまで言って委員会!