blue bleu

マンガやアニメに偏った日記。ネタバレにご注意。
<< イエス、マイロード | TOP | ソウルイーター 35話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
機動戦士ガンダム00  第9話
 冬は稼ぎ時なのは知っていましたが、ギャップがあるほど辛いものがある。夏に比べてここ最近はほぼ毎日と言っていいほどに忙しいです。よ、喜ばなきゃ、と思いつつも重くなる身体。PCに向かうよりも寝ることに集中してみたらわりと身体は軽くなりました。
 休養って大事だなぁ……(しみじみ)

ガンダム00セカンドシーズン第9話感想です。


#09 拭えぬ過去

誰もが捨てられない過去を持つ。だが過去によって繋がれる今もある。
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


JUGEMテーマ:ガンダムOO





歪みの元を見つけたティエリアだったが、リボンズやアリーとの対峙によって自分がどこへ行けばいいのかわからなくなる。悩みのもとはリジェネの言葉。ティエリアがソレスタルビーイングとしての行動を無意味だと感じイノベイター側へ寝返る展開もあるんだろ
うか。そのときロックオン(ニール)への思いがどう作用していくのかはティエリアの成長次第。ティエリアの心を揺らがせるリジェネ。彼の目論見はリボンズの目的、イオリアの願いを果たすということからは離れている気がする。世界の変革という留美の願いに
近いところがあるのか?変革のためなら駒を使い捨て仲間をも利用するような非情さがリボンズを見下ろす瞳から感じられる。

自らの過去に苦しめられる者たち。ティエリアにとっての過去はソレスタルビーイングと過ごした時間しかない。ティエリアは過去と未来の間、現在を生きる者の象徴なのかもしれない。これからのソレスタルビーイングの行く末を握るキーとなりそうだ。

読み合い、押し切る指揮官のカッコいいことといったら。スメラギさんもいいですが、カティ大佐の冷静さは同じ過去の苦さを持つ者とは思えないな。追って来る過去にスメラギさんは諦めの表情。もう逃げることはできない。大学時代の大佐、スメラギさん、ビリー
の姿は衝撃だった。ビリーのポニテがまだ短い(笑)若スメラギさん可愛いです。大佐のワンピースに時代を感じた。だがそれがいい。

新BGMとともにビリーの前に現われたミスターブシドー。グラh…ってそれはみんな知ってることだったのか(笑)てっきり自分で言い出したのかと。「私色に染め上げてほしい」新型機を自分にというわがままぶりはともかく、それは機体に対する言葉じゃないと突っ込んだら負けですか。どうも新型はフラッグじゃなさそうで残念。その代わり、最高の剣を期待したい。あと『UNION』の新バージョンも。

トレミー、ガンダムは宇宙へと上っていった。地上ではまだ中東に問題があるというのに。刹那はソレスタルビーイングのやり方に疑問を持つ以前にそうするしかない現実を知っているだろうが、マリナと祖国に対しては特別な思いがあるんだろうな。地上に残さ
れたマリナ。いつまでもカタロンで俯いているわけにはいかない。カタロンと協力して武力行動に出るということはしなさそう。

未来のために過去を捨てられるか?今は過去から抜け出せるか?どちらもイエスとは答えられないのが今回の話でした。過去に縛られて生きる人たちと、過去のないイノベイター。過去を持たないイノベイターに未来を任せようとしている人類を押しとどめるの
がソレスタルビーイング。過去に縛られまくっている者たちに未来が託されているのが皮肉です。

新型支援機オーライザーとソレスタルビーイング支援メンバーの登場におやっさんの未来が不安になりました。生きて、おやっさん(勝手な死亡フラグ)。
ガンダム00 | 23:23 | author 日和 | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
- | 23:23 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hiyori302.jugem.cc/trackback/809
トラックバック
2008/12/02 6:53 PM
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD] 刹那とティエリアの前に現れたアリー。圧倒的強さの前に為すすべのない刹那達。だが、その時・・・!
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
2008/12/03 12:34 AM
 アロウズってちょっと悪く言われすぎだよね。連邦にしてもそうですけど、そんなに反体制が正義って事にしたいんでしょうか?そんなんだか...
【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式